ここ数年でトリートメントの需要は高まり、サロンでのメニューとして定番化してきました。

特に、髪質改善というトリートメントのメニューの人気に火がつき美容業界では話題が尽きませんでした。

そんなトリートメントですが、実は96%の人が知らない、美容師が言わない真実があります。

それは、、

間違ったトリートメントをすると傷んでしまう。

という事です。

実はあなたの髪が傷んでいるのも、トリートメントのせいかもしれません。

そう思うと怖くてぞっとしますよね。

残念ながらこれは事実で、トリートメントの特性や使用方法を知らないと大変な事になってしまいます。

少しでも間違ったヘアケアを知っておいて正す事は非常に重要ですので、ここできちんと理解するようにしてください。


トリートメントが髪を傷ませる理由

トリートメントで髪が傷むのには大きく分けて3つの理由があります。

それらをそれぞれ解説していきますので、自分が行っている美容室ではどういう風にされているのか思い出しながらお読みください。

 

①薬剤が残ったままコーティング

これが1番多いのですが、トリートメントは傷んだ髪の毛をコーティングして見た目や手触りを

良く見せるという商品がほどんどです。

つまり、髪そのものは変わらないけど、無理矢理コーティング剤で覆ってサラサラに見せているだけという事です。

そんなコーティングをカラー剤が髪の毛に残ったままの状態でしてしまうと、かえって髪の中の内側から髪を傷めてしまいます。

基本的にカラー剤はシャンプーするだけでは、残留アルカリという成分が残ってしまいます。

 

②頭皮にもトリートメントをつけている

トリートメントは、一般的に毛髪に塗布するものであって頭皮に付着すると毛穴に詰まり、べたつき、立ち上がりが弱くなったりするなどの原因になります。

それが慢性的になると、健康な髪が細くまとまりにくくなり、ダメージを過剰に受けやすい状態になってしまいます。

頭皮が乾燥している場合は、スキャルプトリートメントと記載されている商品がありますので保湿のため使用しましょう。

毛先のダメージの方が大きい事が多いので、根元ではなく、毛先にたっぷりと塗布して流しましょう。

 

③実はストレート剤が入っている

最近は髪質改善というワードが乱立しています。

きちんとした定義がないため、トリートメントにストレート剤を混ぜる事でクセを伸ばしてサラサラになったように魅せて仕上げている美容室も多くあります。

なので、髪質改善トリートメントと言ってもストレート剤が入っていたら、繰り返す事で確実にダメージはたまります。

酸熱トリートメントなどもそうですが、繰り返すと髪が硬くなり、余計に傷んだという声も少なくありません。

なので、髪質改善をしたいと思ってもまずはそこの美容室がどんな薬剤を使用しているのかきちんと把握しておく事が重要です。

オレオでは、栄養100%の復元剤を使用しておりますので、クセは伸びませんが傷む事はありません。


本当に正しいトリートメントをすると

◎髪が軽いけどサラサラに。

◎べたつかず、立ち上がりもよくなる。

◎継続する事でどんどんキレイになる。

◎乾かすだけでまとまりやすくなる。

あなたもこんな髪になりたくないですか??

トリートメントを正しいやり方に変えるだけでもあなたの髪は飛躍的に向上します。

せっかくケアしているのに、間違ったやり方を続けていては非常にもったいないです。

あなたの髪はまだまだキレイになるはずですので、諦めず正しいケアをしてもらってください。


髪質診断

オレオにご来店いただいた方には、ヘアケアの特別な資格を持ったスタイリストがあなたの現状を正しく診断します。

年間1000人以上を美髪に導いている毛髪構造復元士があなたの髪を4つのタイプに分類してオーダーメイドの施術を行います。

そうする事で、今1番あなたが何をすればいいのかかが見えてきて根本改善の近道となります。

美容室での施術はもちろんですが、ご自宅でのケア方法もすごく重要になってきます。

ですが、お客様のライフスタイルに合わせた無理のないお手入れ方法をレクチャーさせていただきますので、ご安心ください。

LINEから無料相談もさせてもらっておりますので、まずはオレオにご相談ください。

あなたの大切な髪を美髪に導けるようサポートさせていただきます。